ハイドロキノンと白斑について

シミが気になるけど、皮膚の漂白剤といわれているハイドロキノンを使用すると白斑の症状が出るのではないかと躊躇されている方も少なくないです。非常に強いメラニン抑制効果を持つことから心配される方もいますが、一般的に化粧品に使用されるハイドロキノンの量は5%未満と低濃度です。使用方法を注意することで、更に安全に安心して使用することができます。ハイドロキノンの化粧品を顔全体に使うことはせず、スキンケアの一番最後につけることが重要です。ハイドロキノンのクリームなどをシミのある場所に点で置いて、ガーゼなどでふさいでテープで固定し、シミのない部分に広がらないようにすることをオススメします。5%未満の低濃度のハイドロキノンの化粧品の使用で、白斑の症状が出るという症状は報告されておらず安心です。まれに白斑の症状が出たとしても、低濃度のハイドロキノンでは使用を中止することで元の肌色に回復します。ハイドロキノンは強力な皮膚の漂白剤ですので、皮膚が薄くなって紫外線に敏感になることがあります。日中の外出時にはUV対策を怠らないようにし、肌が乾燥しないようにしっかり保湿することが大切です。ハイドロキノンの化粧品でスキンケアし、シミのない透明感のある美肌を目指しましょう。